会社概要

ごあいさつ

弊社は、昭和29年に関東工機株式会社として横浜で産声を上げ、真空管製造装置を開発して以来、半世紀に亘りFA・自動製造装置の開発・製造・販売を行ってまいりました。昭和38年、現在の関東電子株式会社として組織改変をし現在に至るまでに、真空管の自動排気装置をはじめ、ブラウン管、VFD、各種自動車部品、家電、日用品、食品容器など幅広い分野の自動製造装置を開発・製造してまいりました。

パーツフィーダーは、これらの自動製造装置のワーク供給用として米国スワンソン社との技術提携により内製化された製品です。

今や省力化だけが自動化の目的ではなくなりました。品質向上も自動化の重要な目的となっております。また、材質の多様化、形状の複雑極小化により、人間の手では組立が困難な物も多くなってまいりました。

弊社は、このような自動製造装置への新たな要求に積極的にチャレンジしています。弊社の実績の一端をご覧いただき、長年蓄積したノウハウをご利用頂ければ幸いです。

取締役社長 関 忠好

会社案内

商号関東電子株式会社
創立昭和38年11月8日
資本金15,000,000円
代表者関 忠好
社員数20名
本社〒297-0144
千葉県長生郡長南町市野々1648番地
敷地 : 8092 平方メートル
建坪 : 3142 平方メートル
電話 : 0475 (47) 1188(代)
FAX : 0475 (47) 0480
営業品目自動組立製造装置の設計・製造
自動検査装置の設計・製造
パーツフィーダー及び関連機器の設計・製造
振動機器の開発・設計・製造
電子制御装置の設計・製造
シーケンスラダーの設計

アクセスマップ

お車の場合

東京・茨城より(圏央道・市原鶴舞インター出口or長南インター出口)

  1. 東京・茨城より(圏央道・市原鶴舞インター出口or長南インター出口)
  2. 大多喜街道/国道297号線勝浦方面に右折
  3. 大多喜街道/国道297号線勝浦方面に右折
  4. 約10km先、横山交差点を左折、県道27号線に入る
  5. 約2km先、デイスターゴルフクラブの丸い看板が左手にある場所を右折
  6. 坂を100mくらい登ると関東電子社屋に着きます(さらに進むとデイスターゴルフクラブあり)

東京・茨城より(蘇我ICより約1時間)

  1. 蘇我ICを降り、高速の側道を 2km 木更津方面へ
  2. 古市場交差点を左折、県道14号(茂原街道)を茂原方面へ進む
  3. 高師交差点で右折し、県道27号(茂原大多喜線)大多喜方面へ下る
  4. 市野々の交差点を過ぎ、しばらく直進する
  5. 関東電子の看板が道路左手電柱にありますのでその先の道を左折する
  6. 坂を100mくらい登ると関東電子社屋に着きます。(さらに進むとデイスターゴルフクラブあり)

電車の場合

JR外房線 茂原駅よりタクシーまたは、埴生沢橋バス停より徒歩

  1. JR特急ビューわかしお(所要時間 東京駅より1時間)
  2. JR外房線 茂原駅よりタクシーで15km 約30分(片道代金4,800円ほど)
  3. または、茂原駅南口よりバス(小湊鉄道) にて「茂原駅-給田-大多喜 大多喜車庫行」埴生沢橋バス停下車。徒歩7分 (515m)